ホーム ][ 組織図・役員 ][ 規  約 ][ 運営細則 ][ 要  項 ][ 申し合わせ事項 ][ 加盟チーム・リンク

神奈川シニアサッカーリーグ規約             doc

(名 称)

第1条 本会は、神奈川シニアサッカーリーグ(シニアリーグ)と称する。

(事務所)

第2条 会長の定めた所に置く。

(目 的)

第3条 神奈川県内の四十歳以上で構成されたチームが、生涯スポーツとしてのサッカーを通じて選手相互

の親睦と健康の維持・増進をはかることを目的とする。

(事 業)
第4条 前条の目的を達成するため、次の事業をおこなう。

1 リ ― グ 戦             〜 四十雀の部・五十雀の部・六十雀の部・七十雀の部。

2 トーナメント大会        〜 四十雀の部・五十雀の部・六十雀の部

3 シニアリーグ選手権      〜 四十雀の部・五十雀の部。

4 その他目的を達成するために必要な事業。

(構 成)

第5条 本会は、神奈川県内の下記の年齢により構成されたチーム(団体)で、理事会及び代表者会議で承認

されたチームで構成する。

       四十雀の部  満40歳以上で構成されたチーム。

      五十雀の部  満50歳以上で構成されたチーム。
      六十雀の部  満60歳以上で構成されたチーム。

七十雀の部    満70歳以上で構成されたチーム。

(加盟及び登録)

第6条 参加チームは、本会に加盟及び登録しなければならない。

1 本会への新規加盟は、シニアリーグ申し込み手続きにより理事会で審査・審議し、代表者会議

に諮り承認を得る。

2 本会に加盟するチームは、年度毎にチーム及び選手登録をしなければならない。

3 本会に加盟登録をしないチーム及び選手は、本会主催の公式試合に参加出場できない。

4 加盟登録手続き並びに新規加盟金・登録費については、別に定める運営細則による。

(役 員)

第7条 本会には、次の役員を置く。

会長 1名、副会長 若干名、理事長 1名、副理事長 若干名、理事 若干名、監査役 若干名。

1 役員の選出は、次の方法による。

(1) 会長は、次期役員選出のための選考委員会を設置する。

(2) 選考委員会は、会長・副会長・理事長・副理事長・理事・監査役を代表者会議に推薦する。

2 役員の職務。

(1) 会   長  本会を代表し会務を総理・執行する。

(2) 副 会 長  会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。

(3) 理 事 長  理事会を代表し会務を執行する。

(4) 副理事長  理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。

(5) 理  事  理事会を構成し、重要会務を審議・執行する。

(6) 監 査 役  会計を監査する。

3 役員の任期は2年とする。 但し再任は妨げない。

また、補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。

    4 役員が所属チームまたは組織を離れた場合及び役員としてふさわしくない行為があった場合は

      理事会の決議により解任できる。

(顧問及び参与)

第8条 本会には、顧問および参与を置くことができる。

    1 顧問及び参与は、理事会に諮って会長が委嘱する。

    2 顧問及び参与は、会長及び理事会の諮問に応じる。

 (会 議)

第9条 本会には、次の会議を置く。

        1 総 会

            (1) 総会は、チーム代表者若しくは代表代理者、役員及び顧問をもって構成し、本会の最高

                議決機関である。

            (2) 総会は、会長が招集しその議長となる。

            (3) 総会は、次の事項を議決する。

                1) 事業計画および収支予算に関する事項。

                2) 事業報告および収支決算に関する事項。

                3) 役員の選出。

                4) 規約の改正。

         5) その他本会の業務に関する重要事項。

                6) 総会は、理事会が運営する

    2 代表者会議

            (1) 代表者会議は、各チーム代表者若しくは代表代理者、役員を以って構成する。

(2) 代表者会議は、本会の議決機関である。

      (3) 会議は会長が招集し議長となり次の事項を決定する。

        1) 本会の主催する諸事業の細部執行に関する事項。

        2) 各種大会要項等の決定。

        3) 新規加盟チームの承認。

        4) その他運営に関する事項。

    3 理事会

            (1) 理事会は、必要に応じて理事長が招集し、その議長となる。

      (2) 会長、副会長、理事長、副理事長、理事(以下理事会役員と呼ぶ)で構成する。

            (3) 本会の目的に必要な事項の企画・立案等行う。

      (4) 会長が特に必要と認めた場合、理事会役員以外の者を招集し意見を求めることができる。

 (会議の成立及び議決)

10 総会・代表者会議及び理事会は、それぞれ3分の2以上の出席者(委任状を含む)で成立し、議事は過半数をもって決定する。

  (実行委員会)

11条 本会は、事業遂行の為実行委員会を置き委員長は会長が兼務する。

    (1) 実行委員会は、必要に応じて委員長が招集し議長となる。

    (2) 理事会役員と競技委員で構成する。

     (3) 本会の目的を達成するための事業を行う。

    (専門 委員会)                                                                       

12 実行委員会は、事業遂行のため次の専門委員会を置く。専門委員会は、関連する理事並びに理事会の

        指名する委員、競技委員、審判委員により構成し審議内容は理事会に報告する。

    1 総務委員会

      (1) 理事長、総務理事及び関連する担当理事で構成する。

      (2) 理事会、代表者会議に提案する事項及び緊急事案について審議する。

    2 規律委員会

      (1) 理事長、規律理事及び関連する担当理事で構成する。

      (2) 規律に関する事項について審議する。

    3 財務委員会

      (1) 理事長、財務理事及び関連する担当理事で構成する。

      (2) 経理に関する事項について審議する。

    4 広報委員会

      (1) 理事長、広報理事及び関連する担当理事で構成する。

      (2) 広報に関する事項について審議する。

    5 競技委員会

      (1) 競技理事、競技委員並びにチーム代表者(又は連絡担当者)で構成する。

      (2) 競技に関する事項について審議する。

            (3) リーグ部会の開催。

    6 審判委員会

      (1) 審判理事、審判委員並びにチーム審判担当者で構成する。

      (2) 審判部会・審判活動運営に関する事項の審議及び運営。

      (3) 本会専属審判員の資格認定・資格更新の企画・運営。

      (4) チーム審判員の育成指導。

 (会 計)

13 本会の経費は、次のものをもって充てる。

      (1) 加盟金。

      (2) 登録費(チーム、個人及び審判員)。

      (3) 大会参加費(リーグ戦、トーナメント大会等)。

      (4) その他。

    2 会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(付 則)
             この規約は、一部改正平成21年4月1日より施行する。

               一部改正平成24年4月1日より施行する。

 ホーム