ホーム ][ 組織図・役員 ][ 規 約 ][ 運営細則 ][ 要 項 ][ 申し合わせ事項 ][ 加盟チーム・リンク

神奈川シニアサッカーリーグ規約             xlsx


                        第 1 章  総  則
第1条 (名   称)
    1.この団体は、神奈川シニアサッカーリーグ(略称:シニアリーグ)といい、英文では
      Kanagawa Senior Soocer League (略称:KSSL)と表示する。

第2条 (事 務 所)
    1.この団体は、主たる事務所を神奈川県に置く。
    2.この団体は、理事会の決議によって、従たる事務所を必要な地に置くことができる。これを変更又は廃止
      する場合も同様とする。

                        第 2 章  目的及び事業
第3条 (目   的)
    1.神奈川県内の四十歳以上で構成されたチームで、生涯スポーツとしてのサッカーを通じて、選手相互の
      親睦と健康の維持・増進を図ることを目的とする。

第4条 (事   業)
    1.この団体は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
      1)年代別(四十雀の部・五十雀の部・六十雀の部・七十雀の部)リーグ戦の主催及び公式記録の作成
      2)年代別(四十雀の部・五十雀の部・六十雀の部)トーナメント大会の主催及び公式記録の作成
      3)丸尾杯選手権(四十雀の部・五十雀の部・六十雀の部)トーナメント大会の主催及び公式記録の作成
    2.その他、前条の目的を達成するための事業を行う。

                         第 3 章  会  員
第5条 (構   成)
    1.この団体を構成する会員は、定期総会及び代表者会議で承認された下記年代別に登録された神奈川
      県内に所在するチームとする。
    2.チームは、少なくとも15名以上の選手によって結成されたサッカー競技組織で、具体的には次の年代別
      カテゴリーによって組織されたものである。
       1)40歳以上の選手によって構成されたチーム。
       2)50歳以上の選手によって構成されたチーム。
       3)60歳以上の選手によって構成されたチーム。
       4)70歳以上の選手によって構成されたチーム。
    3.前項に定める各チームの代表者あるいは各チームが委任した代理者1名は、定期総会及び代表者会議の
      議決権を持つ。

第6条 (会員の権利義務)
    1.会員は第9条に定める定期総会、並びに第10条に定める代表者会議に出席する義務を果たさなければ
      ならない。定期総会並びに代表者会議に於いて議決権を持つ会員は自由に意見を述べることができる。
    2.本団体に加盟する第5条に掲げるチームは、定期総会で定める費用(第7条に定める(1)加盟金、
      (2)チーム・個人及び審判員の登録費、(3)各種大会参加費ならびに定期総会及び代表者会議に
      おいて議決された臨時徴収金)を納付しなければならない。

                         第 4 章  加   盟
第 7 条 (加盟及び登録)
    1.本団体が行う事業に参加するチームは、シニアリーグに加盟及び登録をしなけらばならない。
      1)新規加盟チームは、シニアリーグ申込手続きにより加盟申請し、理事会で審査・審議を経て代表者
       会議に諮り新規加盟の承認を得る。
      2)加盟を継続するチームは、理事会に年度毎にチーム及び選手登録をしなければならない。
      3)登録選手のチーム重複登録は認めない。ただし、七十雀は当分の間「特例」として重複登録を
       認める。
      4)加盟・登録をしていないチーム及び選手は、シニアリーグ主催の全ての行事に参加出場することが
       できない。
    2.加盟登録の手続きは別に定める「運営細則」による。

                         第 5 章  会   議
第8条 (会   議)
    1.シニアリーグに次の会議を置く。
      1)総会は定期総会として毎事業年度終了後3ケ月以内に1回開催する。
      2)理事会の決議に基づいて、必要に応じ会長が代表者会議を開催する。
    2.定期総会及び代表者会議の決議は、決議について特別の利害関係を有する会員を除き、委任状を含め
      会員の三分の二以上が出席し、その三分の二以上にあたる多数をもって行う。

第9条 (定期総会)
    1.定期総会は、規約第5条に掲げる会員(チーム代表者或はチームより委任を受けた者)及び規約第11条
      に規定した役員及び顧問をもって構成する本団体の最高決議機関である。
    2.定期総会は、会長が招集し会議の議長となる。
    3.定期総会は、次の事項について決議する。
      1)事業計画及び収支予算に関する事項
      2)事業報告及び収支決算に関する事項
      3)役員の選出
      4)規約の改定
      5)その他、シニアリーグの事業に関する最重要事項
    4.会長は、前項に関する議決の必要が生じた場合、臨時総会を招集することができる。

第10条 (代表者会議)
    1.代表者会議は、規約第5条に掲げる会員(チーム代表者或はチームより委任を受けた者)及び規約
      第11条に規定した役員及び顧問をもって構成する本団体の決議機関である。
    2.代表者会議は、会長が招集し会議の議長となり次の事項を審議し、決定する。
      1)シニアリーグが主催する諸事業の細部執行に関する事項
      2)各種大会要項の制定
      3)新規加盟チームの承認
      4)その他、運営に関する事項

                        第 6 章  役    員
第11条 (役員の設置)
    1.この団体に、次の役員を置く。
      1)理事 10名以上30名以内
      2)監事 2名以内
    2.理事のうち、1名を会長とする。また、会長を除き2名以内を副会長、若干名を常務理事とすることが
      できる。
    3.前項の会長を本団体の代表理事とする。
    4.第2項の会長、副会長、常務理事によって常務理事会を構成する。

第12条 (役員の選任)
    1.会長は、次期役員選出のための選考委員会を設置する。
    2.選考委員会は、第11条第1項に掲げる役員候補を推薦し、会長に諮問する。
    3.会長は、諮問に基づき役員候補を、定時総会に諮り選任する。
    4.会長、副会長、常務理事は、理事会の決議によって理事の中から選任する。
    5.役員の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定期総会の集結の
       時までとする。
    6.役員の選任に当たっては、再任を妨げない。

第13条 (理事の職務及び権限)
    1.理事は、理事会を構成し、規約で定めるところによいり、職務を遂行する。
    2.会長は、規約に定めるところにより、この団体を代表し、その業務を遂行する。
      各理事は、理事会において別に定めるところにより、この団体の業務を分担する。
    3.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代理する。

第14条 (監事の職務及び権限)
    1.監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。
    2.監事は、何時でも理事会に対して事業の報告を求め、この団体の業務及び財産状況の調査をすること
      ができる。

第15条 (顧問及び相談役)
    1.シニアリーグに、顧問及び相談役を置くことができる。
      1)顧問及び相談役は、理事会の推挙によって会長が委嘱する。
      2)顧問は、会長及び理事会の諮問に応じる。
      3)相談役は、本会の理事会等の会議に出席し、意見を述べることができる。

                        第 7 章  理  事  会
第16条 (理事会の職務)
    1.シニアリーグの事業計画を作成し、事業を実施する。
    2.理事の職務と委員会を管理し、監督する。
    3.会長・副会長及び常務理事の選任及び解職する。
    4.常設委員会及び必要に応じて特別委員会を設置し、監督する。

第17条 (招集と決議)
    1.理事会は、会長が招集する。
    2.会長が欠けたとき又は会長に事故あるときは、副会長が理事会を招集し、議長を務める。
    3.理事会の決議は、その決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、
      その過半数をもって行う。
    4.理事会が必要と認めた場合、外部の者を招いて、意見を求めることができる。
    5.理事会は、シニアリーグに登録されたチーム及び選手に、規約第4条及び第5条に掲げる事項に重大な
      義務違反が認められた場合、当該チーム及び選手の登録・抹消を含めた処分に関する権限を有する。

第18条 (議 事 録)
    1.理事会の議事については、議事録要旨を作成する。

第19条 (常務理事会)
    1.理事会に付議すべき事項のうち、緊急の処理が求められる事項について審議する期間として、この団体
      に常務理事会を設置する。
    2.前項の規定による常務理事会の組織及び運営に関する規定は、理事会が定める。
    3.会長及び理事会の指名する理事によって、常務理事会を構成する。
    4.会長及び常務理事会は、四半期に1回以上、自己の職務の執行状況を理事会に報告しなければ
      ならない。

                        第 8 章  常設委員会
第20条 (総務委員会)
    1.理事会において指名された総務委員長並びに委員によって構成する。
    2.総務委員会は、本団体の定期総会、代表者会議、理事会に関する庶務を司る。
    3.この団体の予算・決算及び財務経理に関する事業を行う。
    4.本団体の情報の発信及び普及のために専用ホームページの運用・管理を行う。
    5.総務委員会の組織及び運営に関する規定は、理事会が定める。

第21条 (競技委員会)
    1.理事会において指名された競技委員長並びに委員によって構成する。
    2.規約第4条に掲げる事業を遂行する。
    3.競技委員会は、各種大会の運営・管理・指導を行う。
    4.競技委員会の組織及び運営に関する規定は、理事会が定める。

第22条 (審判委員会)
    1.理事会において指名された審判委員長並びに委員によって構成する。
    2.認定審判員の資格認定及び実技講習等、審判員の技術向上のための教育・指導を行う。
    3.審判委員会の組織及び運営に関する規定は、理事会が定める。

第23条 (規律委員会)
    1.理事会において指名された規律委員長並びに委員によって構成する。
    2.規約第4条に掲げる事業のうち、本団体が主催する各種大会の要項及び申し合わせ事項に関して、
      規律違反に該当する事項について審議し、その結果を理事会に報告する。
    3.規律委員会の組織及び運営に関する規定は、理事会が定める。

                        第 9 章  特別委員会
第24条 (特別委員会)
    1.この団体の事業遂行のため必要あるときは、理事会の議決に基づき、特別委員会を置くことができる。
    2.前項による特別委員会の組織及び運営に関する規定は、理事会が定める。

                        第 10 章  事業費及び会計年度
第25条 (事 業 費)
    1.シニアリーグの事業費は、下記費用を充当する。
       1)加盟金
      2)チーム・個人及び審判員の登録費
      3)各種大会の参加費
      4)その他

第26条 (会計年度)
    1.会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。。

                        第 11 章  規約の変更及び解散
第27条 (規約の変更)
    1.この規約は、定期総会並びに代表者会議の決議によって変更することができる。
    2.前項の規定は、この規約の第3条及び第4条についても適用する。

第28条 (解   散)
    1.この団体は、定期総会並びに代表者会議の決議によって解散することができる。


(付   則)
    この規定は、一部改正平成21年4月1日より施行
    この規定は、一部改正平成24年4月1日より施行
    この規定は、一部改正平成27年4月1日より施行
    この規定は、一部改正平成29年4月1日より施行

 ホーム